2018 / 03 / 06  

【コラム②】しわ寄せが女性や子供に

02-9.jpg

50年前合板が出始めのころ、虫が出て床下が木の粉だらけになりました。
メーカーは接着剤に防虫剤を投入し、それがシックハウスの原因に代表されるホルムアルデヒドなど化学物質の始まりです。虫は止まりましたが、大工さん達が目や頭が痛くなり症状が出始めました。

 

当時はまだ風通しを意識していたので、化学物質の濃度はそれほど室内に留まりませんでした。
ところが30年ほど前から、北海道から『高気密高断熱』徹底した冬向きの家づくりが始まったのです。
私が最初に出会った社長さんたちは『旭川はシックハウスも発祥の地だ』と言われていたのを今でも思い出します。
この大自然で生活する皆さんが、なぜ家の中で調子を悪くしなければならないのか?旭川で講演を聞いてくれたお父さんが、娘さんは新築のマンションに入って間もなく調子が悪くなり、窓を全開にして生活させていると。
まさか-25℃になる冬もですか?と尋ねると、さすがにそういうわけにいかなく困っていたんだけど、今日はいい話をきいたと喜んでいました。

 

50年以前の家づくりには化学物質は存在しませんでした。
ところが職人を育てず量産住宅が増え、食品でいえば早くて安くて簡単と添加物が入れられ、更に夏向きの家が強烈に冬向きに移行したわけですから出るべくして出たといったところでしょう。喘息・アトピー・偏頭痛などの現代病は増え続けています。