2018 / 03 / 06  

【コラム③】どう解決したらいいのでしょうか?

03-9.jpg

大人一人当たり一日に呼吸する空気の重さは、約20キロにもなるといわれています。
例えば食事は三食で2キロと言われますのでおよそ10倍摂取してることになります。
空気が化学物質やカビなどをふくまない新鮮な物であれば問題はないわけです。
では昔ながらのオール天然素材の家を造ること?しかしながら現在そういった材料も手間も逆に高く、坪100万円は下らないでしょう。
そこまでかけても、おじいちゃんの家は暖房効率が悪く、快適とは程遠いものです。

 

では換気をきちんとすればいいじゃないか!またカビが生えないようにするには絶えず外の空気と入れ替えればいいですね?ん、待てよ、さっきの北海道のお父さんの話じゃなけど、冬は寒気を逆に夏は熱気を入れ替えるのではたまりませんね。
北海道ではこの矛盾を解決しようと、熱交換システムを搭載した換気装置を取り付け頑張ってみたそうです。
ところが熱交換率は半分、単純に外の‐20℃の熱と室内の20℃の熱を触れ合わせて交換しても0℃にしかならず、また各部屋に新鮮空気を送るはずのダクト内はほこりがつきカビやダニが繁殖するといった悪循環をまねいているようです。
これでは機械で外の空気と入れ替えるということも二次被害になってしまいますね。どうしましょうか?